近頃多くなっている家族葬とはどういう葬儀?

家族葬は身内だけで行うとか、周囲に知らせず近しい友人のみ呼ぶなどいろいろな解釈があるようです。
しかし実際に、家族葬とはこういうものという定義などは存在せず、ご遺族、またお亡くなりになった故人の遺志に基づき行う葬儀となります。

一般的にはお亡くなりになった方のご家族、親しい友人を呼び、小規模に行うもので、故人が生前親しくお付き合いさせていただいた方々と別れを共にするというイメージです。
通常葬儀というのはお亡くなりになったことを知り、生前おつきあいの合った方々がお別れに来るのですが、広く知らせることをせず、お身内と故人に近しい人だけで充実したお別れの時間を得る葬儀となります。

家族葬の特徴は別れの時間を充実できるということ

人が亡くなるとご家族は悲しみに暮れる間もなく、通夜、葬儀の準備に取り掛かることが必要です。
葬儀社に連絡し葬儀の段取りをつけて、亡くなったことを知り合いに連絡するなど様々な準備に追われます。
この時間があるからこそ、落ち込まずに済むという人もいますが、大切なご家族との本当に最後となるお別れに時間を割けないのは悲しい事とも取れるのです。

家族葬の場合、来ていただく方を限定できることで参列してくださった多くの方に気を遣うこともなく、また食事やお礼の品などをたくさん用意するなど目まぐるしく動くこともなく、お亡くなりになった方とじっくり、お別れの時間をとることができます。
納得のいくさよならができるということが、大きなポイントです。

よくタレントさんなどお亡くなりになると、葬儀は家族葬で小さく行うことを遺言で残されていることがあります。
タレントさんはご家族と一緒にいる時間を生前多く持てないなど、離れていることが多くなるため、最後は家族と一緒に過ごしたいと希望される方が多いようです。

 

家族葬の費用はどのくらいかかるのか

家族葬は費用が低くなるということもメリットの一つとなります。
通常、葬儀一式にかかる費用は地域、また葬儀の規模などにもよりますが、通夜から葬儀まで200万くらいはかかるようです。

しかし家族葬では参列される人数も少なく、食事、お酒なども少なく済むことから、費用を抑えることができます。
これも地域や行う葬儀社によって違いがありますが、だいたい45万くらいから130万くらいまでです。
東京など都市部の場合、費用は少し高めとなっているようですが、ご自宅で家族葬とするご遺族も多くなっています。
この場合、より費用を安く抑えることができ、今注目されているのです。

家族葬も葬儀社によって様々なプランがあるので、納得のいく葬儀ができると思います。
ただ家族葬など葬儀についてよくわからない、不安があるという人も多いようです。
例えば、東京で家族葬を行う場合の費用相場は65~130万円程に収まることが多く自宅で葬儀を行う方が金額が低くなる傾向にあります。

上記データが掲載されているのは、葬儀について知りたい情報が網羅されているサイトです。
万が一を考慮しこのサイトを理解しておくと葬儀の際、慌てることなく葬儀を行うことができると思います。