看取りを考えなければならないとき

人は年を取れば老化し、いつかこの世を去ることになります。
動物も人間も命あるものはいつか、その命が終わる時が来るのです。
昔は人がお亡くなりになる時、自宅で静かに息を引き取るということも多かったのですが、今は病院や施設でお亡くなりになることが多くなっています。

看取りを考えるとき、施設で暮らしているご家族の場合、どんな準備が必要なのか、備えについて考えておくべきです。
看取りは必ずやってくること、だからこそ準備が必要になります。

終末期、看取り看護とは何か

どんなに手を尽くしても病気、また老衰によって臓器などの機能が落ちてくると、看取りの覚悟が必要です。
問題は看取りを穏やかにするのか、それともぎりぎりまで医療の力を借りて生き続けされるのかということになります。
若い人の場合、最後まで医療の力で頑張ってもらって・・・と考えますが、高齢で寿命とも考えられるようなときには、ご家族と共に穏やかに過ごせるような施設を利用するなど考えるご家族が多いです。

終末期の看取りを行っている施設は、終の棲家とも呼ばれますが、今は本当にいい施設が多く、看取りを前提として考えるのならそういう施設を利用した方が安心です。
施設で看取りを考える場合、その手順を理解しておくことも必要になります。

施設で看取る、その手順とは

医学的見地で回復の見込みがない、医療機関でできることがないという時、看取りの計画を立てることができるのです。
その時点で延命治療を受ける、受けないなどの判断をします。
施設の医療体制、できることなどの説明を受けて個室がるかどうか、持ち込みできるものなども確認し、利用するための説明を最初に受けることが必要です。

費用等に関して説明し同意すれば看取りの施設に入ることができます。
看取り施設に利用してからも安定している状態から不安定になり、最終的に衰弱していくという時、最後をどうしたいのか、ご家族、本人でしっかり考えて利用すると、納得のいく最後を向けることができるはずです。

施設で看取る場合も延命措置などの相談をしておく

施設で最後を迎えるという場合も、ご家族、またご本人が看取りの時の医療処置についてどうしたいかを決めておくことが必要となります。
全く決めずにいると最終的に本人の希望に沿った看取りにならないこともあるのです。
通常看取りの時期が近くなると、施設の方から最終的に看取る時、延命措置など医療の力を借りるかどうか、確認されると思います。

その時、しっかりと本人が納得いく死となるように、ご家族で決めておく必要があるのです。
痛みのケアなど、ターミナルケアを中心に行ってもらうのか、それとも、できる限り命を伸ばしてもらうのか、この選択も施設での看取りの際、重要なことになります。