遺品整理は非常に手間がかかる

親御さんがお亡くなりになってから大事となるのが遺品整理です。
亡くなった人がある程度死を見越しきれいに生前整理してくれていたり、もともときれいに整理整頓されているという場合ならそれほどてこずることもないと思います。
>>遺品整理で得するコツ教えます!

しかし普段からものをため込みやすい高齢者の遺品整理は本当に大変です。
物があふれかえるほどにあり、何が大切でなにを取っておくべきなのか?わからないこともあります。
親族に遺品を分けることもあるので、きれいに整理が必要ですが、どのように行えばいいのか理解が必要です。

生前整理の必要性とは

高齢の方も入院するときなど、前もって自分のものをきれいに整理される方います。
病気が重くこの先家に帰宅できないかな?という場合や、そろそろいい年齢になったので、生前整理しておこうと決心し、家族に協力してもらい整理される方も多いようです。
近頃は就活という言葉が定着し、残された家族に迷惑が掛からないようにと考える高齢者も多いので、遺品整理が必要ないほどきれいという人もいます。

生前整理を行うことで長くたまっていた不要なものを整理し、気持ちよく過ごすことができるのです。
またやり残してきたことを思い出し、やることを見つけることもできます。
亡くなってから何がどこにあるのか?保険証券はどこ?などお子さんが困ることがないようにできる事もメリットです。

生前整理をうまく行うコツとは

ご家族の協力が必要となりますので、お互いにコミュニケーションをとりながら進めていきます。
ものが多すぎるから捨てなくちゃと無理に処分するのではなく、遺品整理となると残しておきたいものも捨ててしまうかもしれない、大切なものを処分してしまうかもしれないと話をしておくのです。
すると、処分するもの、しないものをしっかり区別してくれます。

一気に行うのではなく、時間をかけてゆっくり見極めながら行うこともポイントです。
急がせると高齢者はイライラして、自分でやるからいいと結局やらなくなります。
処分できるものからきれいに処分し、次に大きなものを処分、その後、キッチンなどの水まわりでも不要なものを処分していけばしっかり整理が進むはずです。

大きなポイントとしては無理を言わないこと、捨てるのが嫌だというものは確認しておき、お亡くなりになってから捨てられるものを捨てるという判断でいいと思います。
お互いに思い出を話しながらゆっくり片付けると気持ちよく整理できるのです。