葬儀費用の内訳を知りたい

葬儀費用は地域によっても違いがありますが、通常、200万以上かかるといわれています。
葬儀費用の内訳は、遺体の搬送費用、保存処理、葬儀段取り手配、信仰の費用、つまり葬儀社のサービスの費用です。
さらに枕飾り、式場の設営、祭壇の装飾、そのほか斎場使用料なども必要となります。
どのような葬儀を行うか、また地域性もありますが、家族葬の場合で45万くらいからかかりますし、通常の葬儀は200万以上となることも少なくないのです。

寺院に支払う費用も大きく、読経料、戒名、また浄土真宗の場合法名の費用など、お布施として支払う必要がある費用も大きいといわれています。
これに加えて参列してくれる方々の飲食費用、改葬返礼品、これも必要となりますし、葬儀は本当に費用が掛かるのです。

最近はこうした費用を削減したい、また故人の遺言で家族葬など費用が掛からない葬儀にしてほしいということで、家族葬を選択するご家族も多くなっています。
葬儀の形はそれぞれですが、利用する葬儀社によってサービスも違うので注意が必要です。

葬儀社はどんなふうに選べばいいのか

葬儀社は葬儀専門業者、冠婚葬祭互助会システムを利用する、また自治体による市民葬などもあります。
一般的に利用が多いのは葬儀専門業者の利用です。
斎場をもっているところが多いので、専門業者の利用が多くなっています。

ただ葬儀社でも、必ず見積もりを取って利用することが必要です。
というのも、葬儀の費用というのは業者によって大きく違い、内容も違いがあるので確認する必要があります。

セットやコース、プランなどの中に斎場使用料が含まれていないこともありますし、読経料などすべて含まれて追加料金は発生しないというプランもあるようです。
内容を確認し、見積もりをとって丁寧に説明してくれる業者を選択することがポイントとなります。