今注目される遠隔介護とは

高齢になった両親などがいれば自分が実家に帰って面倒を見てあげたいと思う方も多いです。
でも実際には自分たちの生活があり、仕事もありますのでなかなか介護に行くということは難しいのです。
こうした実家が遠くて介護に行けないという人が多くなったことで登場したのが遠隔介護となります。

離れて暮らすご両親がいて、介護が必要な状態であっても楽しくなるべく自立した生活を送ってもらうため、介護サービスを行うことが遠隔介護です。
今は遠方にいながら、介護サービスなど適切に利用し、遠隔介護を行う方が多くなっています。

遠隔介護のメリット・デメリットとは

遠隔介護を行うこと、そのメリットはそこに暮らす親御さんは住み慣れた土地で介護を受けることができる、また娘、息子に来てもらうなどほかで生活を送る子供に迷惑をかけることなく暮らせる、子供のところに行き全く知らない土地で引きこもり状態となって認知症が進むということも少なくなるなどのメリットがあるのです。
子供の方は介護による離職をしなくても済む、介護負担が一人にかかることが少ない、介護のストレスを受ける事が少なくなるなどのメリットがあります。

デメリットとしてはやはり、介護認定やスケジュールを決める際、初期段階で実家に行く回数が多くなることで費用が掛かるということ、また家族による介護がない状態で介護サービスを利用するため、費用が掛かるという点です。
また近くにいないので様子がわからないということもデメリットになります。

在宅改修費などが必要な場合もある

介護の度合いが高くなると施設に入ることも考えなければなりませんし、また実家のリフォームが必要となることもあるのです。
段差をなくす、火事のリスクを低くするため、電気調理器に飼えるということもあります。

この場合、補助金などを受ける事もできるので、各市区町村に相談する、またケアマネージャーに相談してみるべきです。
福祉用具などもレンタル出やすく利用できるものが多いので、費用をできる限り低くしたいという時、利用を考えておくほうがいいと思います。