認知症で暴力・・・ご家族の精神もずたずたになります

認知症になるとモノをいきなり投げつけてきたり、妄想を起こし殴り掛かってくるということもあります。
人によってこうした暴力などの症状がでてくることもありますし、物静かだった人なのに怒鳴るようになるなど、まるで人が変わったようになってしまう人もいるのです。

介護している人に投げつけたものがあたり大けがになることもあり、こうした認知症による暴力は、早く対応しないと大きなトラブルとなることもあります。
暴力や暴言を繰り返す要因とは何か、大作なども考えておくべきです。

どうして?暴力や暴言になるのか

認知症になっているということは脳の機能が低下している状態と考えられます。
そのため物事に敏感になったり不安が大きくなるなどして、感情が爆発してしまうのです。
今まで簡単にできたことができなくなることも多く、また状況判断も付かなくなります。
うまく自分がいいたいこと、思っていることを伝えらえないというもどかしさから暴力,暴言に走ることも多いです。

介護が必要な状態になって家族はつらい思いをしている、自分は必要ない人間なんだという気持ちになり孤独感が強くなります。
すると暴力的な態度をとることもありますし、お薬の副作用で起こることもあるのです。

暴力、暴言にどう対応していけばいいのか

力で抑え込んでもますます暴力がひどくなるだけ、しかりつけたり文句を言うなどは逆効果になります。
介護している側は、認知症の症状なのだと理解し、落ち着いて対応することが求められるのです。

興奮状態の時には何を言っても何をしても、どうすることもできないので少し離れて危険がないように見守り、気持ちが落ち着いたかなと思ったら近くに行って話しかけます。
こんなことをして・・と介護する側としても興奮していると思いますが、気持ちをぐっとこらえ、「嫌だったんだね」「つらいんだね」と声をかけてあげるのです。

身近にいる身内、ご家族よりも第三者のほうが落ち着くということもあるので、介護サービスのスタッフにお任せするということも考えます。
とにかく落ち着かせようとか、抑え込もうと考えず、感情の爆発が収まるのを待って落ち着いて対応する必要があるのです。