ケアマネージャーを変更したいということもある

介護認定を受けて要介護者やそのご家族の相談に乗ったり、介護保険サービスのケアプランを作るなど介護について重要な役割を持っているのがケアマネージャーです。
ご家族にとっては介護のことを相談できる身近な専門家となりますし、介護を受ける人からしても、安心できる専門家となります。

しかし、利用していく中でそのケアプランやモニタリング、ケアプランの見直しなどが必要となってくるとき、利用されている人から苦情が来ることもあるのです。
介護認定が済み、居宅介護支援事業者と契約を締結しサービスを受けることになりますが、ここに担当ケアマネジャーが付くことになります。

現状を理解しご家族、要介護者の希望などをしっかり聞いてケアプランを作ってくれればいいのですが、ご家族からみて不安に思ったり、別の経験が深い人に変更したいと思うこともあるようです。
変更したくなる理由は様々ですが、変更のための対策など理解しておく必要があります。

ケアマネージャーを変更したい理由とは

介護職の経験が長く、実績を積んできた方の場合、経験などからケアプランも非常にうまく作ってくれることが多く、経験が浅いと介護の必要性やご家族、要介護者の意見が反映されていないこともあり、その場合変更の希望が出てくることがどうしても多くなるのです。
看護師資格保有者の場合、医療分野の知識などもあるので、ケアプランもかなり綿密に作られており、その先を考慮したものとなっていることもあり、そのためにプランに違いが出てくる頃もあります。

ご家族、要介護者とケアマネージャーと性格的に合わないということで変更を希望することもあるようです。
お互いに人間ですからどうしても好き嫌いが出てきます。
我慢してお互いにイライラしているよりも、違う人に依頼するほうが安心です。

また感情が伝わっていないということもあるので、感情を泣いてぶつけてみるということも一つの手段といいます。
それでもケアマネージャーの態度が全く変わらないというようなら変更すると考えといてもいいようです。

変更のために行うべきこと

一度契約すると変更はできないと思っている人が多いので酢が、ケアマネージャーの変更はそれほど難しくないので方法を覚えておくといいと思います。
地域包括支援センターの方に相談、市区町村の介護保険間に相談、また居宅介護支援事業所でも今とは違う別の業者に相談しても相談に乗ってくれるはずです。

担当のケアマネージャー本人にお話ししてもいいですし、在籍している居宅介護支援事業所に変更してほしいと希望を伝えてもいいと思います。
相手に直接言うのは気が引けるという人は、包括支援センターなどに相談するほうが気持ちも楽になるようです。