介護費用、掛かりすぎてしまったときどうする?

介護の必要性があると考えてある程度貯えていたものの、介護サービスの利用がどうしても多くなり、費用が足らなくなることもあります。
介護が必要な年齢になってから、介護費用、生活資金なども不足という状態になると、精神的にも不安定になりますし、満足な介護ができなくなるのです。

早いうちから貯蓄などを考えておく必要がありますが、それでも介護費用が足りなくなることがあります。
介護資金が足りないという状況になった場合、どのようにすればいいのか、対策を考えておくことも重要です。

介護費用が足りなくなった場合に利用できるリバースモゲージ

リバースモゲージというのは、自宅を担保にお金を借りるという方法になります。
金融機関でもこの取り扱いが多くなっていますが、まだ首都圏に多いということで、地方では十分ではないようです。
また社会福祉協議会が不動産担保生活資金というシステムを持っていますが、これもリバースモゲージに近いと思います。

リバースモゲージは住宅を担保に借入限度額を設定しますが、通常時価の5割から7割程度です。
その範囲で必要な融資を受けることが可能になります。
融資の方法としてはまとまった金額を一度に融資してもらう方法と、毎月何万円と決めて融資を継続的に受ける方法があるのです。

自宅が担保になるということで不安になりますが、そのまま住み続けることができます。
限度額までなら生涯融資を受けることができ、存命している間は、金利を支払うのみでいいという仕組みです。
元金は本人がなくなったとき、自宅を提供し返済するというシステムになります。

自宅があっても子供さんはすでに別の地域に家を建てていて、その自宅はその先住む人がいなくなるなどの場合、リバースモゲージは非常に有効的なシステムです。
ただ毎月融資を受ける場合、長い間の融資となると限度額まで達し、融資が止まることもあります。
将来を考えて融資限度額の設定だけ行っておくという人も多いのです。