介護拒否?こんなときどうしたらいいの?

介護が必要な状態なのに、介護を拒否されるとなるとご家族は本当に参ってしまいます。
介護に抵抗がある場合、二つのタイプがあるようです。
一つは介護されるということ自体に抵抗があるということ、もう一つは、自分が認知症となっているので、自分の状況がわからず抵抗するという理由になります。

介護拒否についてはご家族が困った状態になりますし、介護サービスを受けないことで、認知症の症状がさらに進むこともあるのです。
対応する手段など理解しておくほうがいいと思います。

介護されることに抵抗がある

介護が必要な状態となってからそれほど期間がたっていない場合、まだ介護なんて自分は必要ないと抵抗することがあるのです。
介護されるなんてそんな高齢になっていない、自分はまだ大丈夫だと抵抗します。
でも時間がたつとともに少しずつ、自分ができないことが理解できるようになり、抵抗は少なくなっていくものです。

若い時からしっかりしていて自分のことは何でも自分でしてきた、また人に頼ることができないプライドの高い人などはこうした状態になりやすいといいます。
この場合、自分でできるという時に実際にやらせてみて様子を見ておくのです。
自分で本当にできないと感じれば、介護サービスを受け入れてくれるようになります。

介護が必要な状態と理解できない状態の場合

認知症があり介護サービスが必要な状態になっていることを理解できない人もいるのです。
どうして自分に介護が必要となるのか、介護されるという意味すらも分からない人もいます。

だいたいお風呂に入る時に洋服を脱ぐ必要があるとか、排せつするときにズボン、パンツをずらす必要があるということも認知症によってわからなくなっている事も多いです。
そういう状態の方に、介護サービスを行う、しかも知らない人が自分の体を触るとなれば本人だって不安が大きいと思います。

認知症の場合、今から行うことの順序、その意味が分からなくなっているので、「今からお風呂に入って体をきれいにするから、洋服を脱ぎましょうね」など細かく説明しながらサービスを行うようにすると素直にやらせてくれることもあるようです。
認知症の介護拒否に関しては、介護サービスのスタッフもよく理解していますし、経験も多い人がいますので、相談しながらうまくやっていくことが必要となります。