ものとられ妄想って何?

認知症になると人が考えられないようなことをしてしまったり、思いもかけない行動を起こすことがあります。
また妄想などを起こして、家族を泥棒と思ってしまったり、夫を他人と思うなど妄想も大きな問題です。

この認知症の症状に物盗られ妄想東があります。
デイサービスを利用したり在宅介護を利用している人に多く、特に女性に多い症状です。
認知症の初期段階で多く見られ、症状が進むと減少します。
疑いの目がひどくなりその疑いの目は、身近な人ほど疑うようになりますが、内容がころころ変わり、これは妄想だとはっきりわかるはずです。

認知症上には中核症状という症状がありますが、それとは違い、周辺症状になります。
物盗られ症状などをまったく起こさない人も多く、一般的に15%程度の人にこの症状がみられるといわれているのです。

どのような症状なのか

物盗られ症状は、大切なものを盗られた、盗まれたと訴える事から始まります。
盗った人はほとんどが身近な人で、在宅サービスでも特に浴してくれてなついていた人を疑うなどの症状が起こるのです。
自分がなくしたとは全く考えていない、確実にとられたと言い張ります。

留守の間に財布が盗まれた、自分に預けたのに忘れていてないと施設中で大騒ぎになっていた、夫が財布を盗んだと毎晩大騒ぎする・・・など困ったものです。
でもそのうちなくなっていく症状ともいわれていますので対応を理解しておくと安心できます。

対処方法を理解しておくことも必要なこと

物盗られ妄想が起きているときには何を言っても、盗まれたという妄想は変わらないので、否定しないことが重要です。
ものを盗んだといわれるとみんな違うと全否定すると思います。
でも理解できないため、否定せず「なくなってしまったんだね」と声をかけて一緒に探すふりをするのです。

それによって注意がそれ別のことを考え始めるので妄想は落ち着きます。
また別の全く関係ない話題に変える事でも落ち着くことがあるようです。
妄想がひどい時には、「あっちの方を探してみようか?」とその場を離れると別の景色になるので妄想が終わることもあります。
周囲の人にこういう妄想を持っているのでと説明しておくことも必要です。