世帯分離とは何か?

介護のことについて話をするとき、世帯分離という言葉をよく聞くようになっています。
介護が必要な年齢、また親御さんの介護が必要になってきたときに、最近よく聞く言葉です。

世帯分離というのは、同じ家に暮らし1つの世帯に住民票記載されている人たちが2世帯以上に分かれることを言います。
親世代とお子さんが一緒に暮らしている状況で、お子さんが親世帯から独立し、単独世帯になる、これが世帯分離です。
親世代から分離となっても、別の家に暮らすことはなく、同じ家に親と一緒にくらしていても世帯分離できます。

世帯分離というのは暮らす場所を分離するということではなく、同じ住所の中に生計を別にする世帯主が2人いるということを示すのです。
一緒に暮らしていても子供が自分の収入で普段のやりくりをしているという場合には、世帯分離をすることを考える事もできます。

世帯分離することのメリットとは

介護は通常長く、ある程度の費用を継続的に必要としますが、この場合、介護にかかる経済的負担を少しでも楽にしたいと誰もが考えるはずです。
介護についての自己負担額は、世帯所得に応じ決められています。
つまり介護されるその人の収入ではなく、世帯全体の収入合算で決定するということです。

世帯に収入が高い人がいる場合、世帯収入が高くなりますので、収入が高いことで介護サービスの自己負担額が大きくなります。
これを軽減するために収入の高い方が通常世帯分離を考えるのです。

世帯分離を行うことのデメリットとは

介護保険制度の改正などがあるとまた違う認識となりますが、世帯分離を行うことで住民票などの取得には家族が行う場合でも委任状が必要になります。
世帯の中に要介護者が2名以上いる場合には、同一世帯の場合高額介護サービス費用を合算できるのですが、世帯分離することでこの合算はできなくなるということもデメリットです。

さらに国民健康保険の上限、これもネックになります。
親世帯も子世帯も国民健康保険に加入していて、しかも収入が高いという場合、それぞれの世帯が上限近くまで支払うことになるので経済的に大きなデメリットです。